鹿児島県アジア太平洋農村研究センター 日本語・日本文化研修 (2018年6月14日から6月23日) Japanese Language and Culture Program at Kapic Center, Kagoshima, Japan (14 – 23 June 2018)

3 Jul 2018


Japanese Language and Culture Program was held from 14th June to 23th June, 2018 at Kagoshima Asia-Pacific Intercultural Countryside Center (KAPIC Center) in Kagoshima prefecture. This year twelve Japanese studies major students of UMAC were participated in this event. Not only studying Japanese at KAPIC Center, they visited Shigakukan  University and a local primary school and introducing Macau to Japanese students using Japanese language skills learned at UMAC. Also, they enjoyed experiencing Japanese culture, such as Tea Ceremony and Wearing Kimono, In the weekend, they stayed with Japanese host family and experienced Japanese family life. They have a lot of unforgettable memories.

6月14日から23日まで、マカオ大学日本研究科1年生の学生12名が、鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター(KAPIC)で行われた海外日本語・日本文化研修に参加した。学生たちは、10日間の間、KAPICセンターで日本語を学ぶだけではなく、マカオ大学との交流校である志學館大学や、鹿児島市内の小学校を訪問し、今までに学んだ日本語を使って、マカオについて紹介したり、学生たちと話したりして、交流した。また、週末には1泊のホームステイもあり、忘れられない思い出を作った。